印鑑のもつ大切な役割について考えさせられました

私は、学生時代は自分の印鑑を持っていませんでした。印鑑を押す必要がある時は、自宅に置いてあった三文判を借りて、押していました。それが普通だったので、印鑑の大切な役割について考えたことがありませんでした。社会人になり、お給料を振り込んでもらう口座が必要になりましたが、小さい頃に親が作ってくれたものをそのまま使っていたので、自分で口座を作ったことはありませんでした。私が初めて印鑑を作ったのは、クレジットカードを申込む時です。いつもと同じように家にある印鑑を使おうとした時、お金に関わる取引をする時には、自分に責任を持つ為にも自分の印鑑を使って申込みをするように親から言われたからです。親の言うことはもっともなので、私は早速自分の印鑑を作ることにしました。


多汗症 手

四谷メディアカルキューブ

新築建売り物件を多数公開していますので、ぜひ足をお運びください。

親切、丁寧で、無料で点検もしてもらえたので良かったです☆

オンラインですぐに手続きできるし、高く買い取ってもらえたので良かったです☆

ページ一覧

  • TOP
  • 住宅ローンを組む時に、印鑑を作り直しました
  • 印鑑は自分を証明するものであることを実感しました
  • 車を購入する時に印鑑は私の顔ということを実感しました
  • クレジットカードを作るために、印鑑を初めて作りました